FC2ブログ

「怒らないこと」 アルボムッレ・スマナサーラ サンガ新書

「怒るのも、愛情をつくるのも、その個人の勝手である」ことを、まず理解してください。「怒るのは私のせい」なのです。
 逆に言えば、我々にはわずかな見込みというか、光があるのです。
 それは「自分を直せば、怒りの感情を完璧に追い払ってしまい、愛情の感情、あるいは幸福の感情だけで生きていられる。その可能性が十分ある」ということです。人間として生まれてきたからには、そのような本物の幸福を目指すべきだ、というのが仏教の考えです。

人前では建前として、「私はダメだ。ダメな人間だ」と一応謙虚さを見せながら、心の中では、「絶対そうじゃない。私こそ、唯一正しい人間だ。ほかの連中はいい加減で、間違っているんだ」というように考えているのです。
スポンサーサイト

「怒らないこと」 アルボムッレ・スマナサーラ サンガ新書

人間は「怒り」と「愛情」で生きている
心に怒りの感情が生まれると同時に、心から喜びが消えてしまうのです。
「暗い感情」が強くなると「怒り」になる
この世の中にある、ものを作り上げる創造の源泉は愛情であって、創造したものを破壊していくのは怒りの感情です。それは普遍的な、世の中にある二種類のエネルギーの流れです。

くよくよしてる場合じゃない

またしても、パン活動が始まると、ブログに立ち寄ることができず。
くよくよしてる場合ではないので、今日のこと、前のこと、将来のこと、書きたいことを書いてみよう。

納品先のスーパーSさんからの依頼。
週末や、催事のときに、オリジナルハンバーガーを作りたい。バンズを作ってもらえないか?

手づくりハンバーガーなら、やはり全粒粉入りの、やわらかいけど、噛みごたえのあるパンがいいのでは、と、富澤商店さんから、全粒粉と、グラハム粉、それから以前から試したかった強力粉「キャトルウール」を購入。

あれやこれやと、出来上がりをイメージしつつ、試作。
このひとときは、本当にわくわく、楽しく、燃える。

そして完成したバンズは、ええ感じでした。
ほどよいかみごたえ、全粒粉の酸味を感じるか感じないか、の微妙な感じと、グラハム粉のざらっと感。
「キャトルウール」の、やわらかい歯ごたえが、ちゃんと出たのではないかと思う。
主役のハンバーグを引き立てることができそうな、脇役に徹することができそうな予感。

早速パン担当のWさんにお届けし、さらにすぐさま試食してくださったWさんから、電話をいただいた。
「がんばろう!いける!」

大変嬉しい瞬間でした。
これから、いっぱい課題もありましょうけれど、この嬉しい瞬間を忘れず、前に向かいたいと思いました。

今週、再挑戦

。。。
パンの営業が始まると、ああ、書けなかった。ブログ。
。。。

振り返ってみると、ほんとにパンと家のこと以外、全く手がつけられなかった。
睡眠不足ってほんとよくないなあ、と改めて実感。

今月のおやつパン「さだこホイップ」。
最近やや不調の「さだこあんこ」の人気を復活させるべく挑戦してみたのだが、とてもとても好評で、
毎週1回たいてもらってたあんこ、先週は3回も、炊いてもらった!
木曜日には、「67個注文」の快挙。
あんこが足りなくなり、許していただけそうなところは、急遽「チョコホイップ」に変更。
あんこの代わりに、チョコチップを包んで焼き、ホイップを注入。これまた、好評をいただいて嬉しい。
ホイップも、そこらへんのホイップクリームをやめて、「ナカザワ乳業」さんのおいしいホイップを使ってるところもちょっと自慢だったりして。
シナモン風味の生地、さだこあんこ、ホイップクリーム。
パンで、おいしい『おたべ』を再現してみたかったのです。

人手の問題。
3月いっぱいでひとりスタッフが減ります。
ものすごく痛手ですが、仕方のないこと。
期待せずに、新しい人材との出会いを模索せねば。
考えること、山盛りです。

決意表明

去年の10月から、京都府商工会連合会主催の、「事業承継セミナー」に参加させてもらった。
事業承継には関係ないのだけど、「若手経営者」ということで、お誘いいただいて、毎月1回のセミナーに参加。
今年2月4日、最終日でした。

学んだこと、気づいたことは数知れず。

本を読むこと。どれだけ自分がおおざっぱに、日々何も考えずに生きてきたかを思い知らされました。どんな本にも教わることばかりで、今、頭の中、課題だらけで、収拾がつかないくらいです。

経営すること。毎日パンを焼く作業に追われて、このまま作業人生に終わってしまうことの危機感を感じました。
もっと頭を使って、自分の人生、忙しくも楽しく、そしてなにか「お役に立つ」ことを真剣に考えなくては。

世の中の流れ。世の中の流れの末端にいることを、実感。世の中と無関係に自分は存在しないという、ごく当たり前のことに気づきました。

整理整頓。これは「本を読む」ことから。整理整頓の大切さを、何冊か読んで、年末に実施。昔の新聞や雑誌のスクラップを整理し、「私の興味はこんなところにあったのだ」改めて気づく。いらないものをよりわけ、今私はどこにいるのか、所在の確認ができた気がします。子どもの学校関係のことにも、忘れ物が減ったように思います。

10年先を見つめること。そうです。10年先を見つめずして、今日の仕事はありえない。ああ、本当に空っぽの時間、作業だけの時間ばかりを過ごすところでした。

先をみつめながら、現在を修正していくこと。
難しいことだし、自分のことだし、見ないふりして日々の忙しさでごまかしてしまいたいところだけど、いやいや、そんなことはしたくない。

やっと本気でそういう気持ちになってきました。

頑固な私のおしりに火をつけてくださった田中義郎先生、スタッフの本多さん、京北商工会、タナカミセのスタッフに、心から感謝し、そして行動を起こすことにしました。

まずは、「このブログを書き続けること。」
日報をつけることすら、ままならない、こんな状態を早く脱出したい。

先生の指導に忠実に、「パンの種類を減らすこと。」

「睡眠時間を5時間に増やすこと」

誰にも知られず、こんな決意表明。
田中店、がんばる。
プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード