FC2ブログ

9月17日 雨の中の運動会

小学校の運動会。

パンをやってから、途中参加。

週末は、遊びたっぷりのパンを目指しているので、思う存分、やりたいパンを焼いて、
子供たちのお弁当も、うちのパンを用意して、
幸せな運動会でした。
スポンサーサイト

9月16日 金曜日は疲れすぎる

毎週のことながら、金曜日はハード。

いかに効率よく木曜日の仕込をやっておくか、毎週の課題。

今週は成功した。

ベーグル、おかずパン、食事パンに使う生地を大量に分割して冷凍。
これで一気に時間短縮に。

ココナッツミルクの生地も、冷凍することによって、安定することがわかり、こちらも冷凍開始。

よかった。

9月15日 久々の寄席

周山中学校の文化祭に、「古典芸能鑑賞」というコーナーがあり、大好きな落語だったので、これまたパンの仕込みを前倒しして参加。

日本語のギャグってすばらしい。

中学生向けだからでしょう、出囃子の演奏を、ステージでやってくださり、ひとつひとつ、楽器の説明もしてくださいました。
ああ、やっぱりお三味線習いたいと、思いました。

いつの日か、やるぞ!

9月14日 無理がある。

9月13日は、三四郎のバースデイパーティで、
さすがにパンをしながらディナーをしながら、宴会をするのは超疲れました。
反省。

9月13日 これはいったい

月曜日の午後から、仕込み作業にはいり、
火曜日から、タナカミセはスタートします。

とたんに、ブログに手がつかなくなります。

ふう。

毎週自分を試しています。
毎日、タイムリーに書ける日を目指して。

9月12日 さざなみベーカリーさん

いちどたずねてみたかった「さざなみベーカリー」さん。
月曜、仕入れの帰りに、時間を挿入して、久しぶりの寄り道。

開店されて、まだ1年と半年くらいだけど、素敵なパン屋さんでした。

小さな店内は、美しく整理され、
やや小ぶりだけど、バリエーション豊かなパンたちが、きれいにならべられていました。
テーマカラーが水色なのです。
扉の色はもちろん、
パン袋も水色だったのは、びっくりでした。
ほしかった食パンは、売り切れでしたけど、また、行ってみようと思いました。

丁寧につくられたパン。

心新たに、がんばろう。

9月11日 結婚して初めて

月曜日は、稲刈りの予定で、
日曜日は、コンバインがスムーズに田んぼに入れるよう、四隅の稲を手で刈っておく日でした。
「隅刈り」

げっちゃんはお泊りゴルフの後、地域の用事、野球の親の会の用事で不在がち。
ばっちゃんは足腰がいたい。

そこで、嫁に来て14年めになる私が、初めて「田んぼの草刈」をした。
隅刈りがスムーズにできるよう、畔の草を刈る作業。

湿気の多い、むせるような草のにおいと
鎌でじょりじょり刈る音と
大量に噴出す汗

非常に懐かしく、
その昔、農作業が大好きだった自分を思い出しました。
そりゃもちろん、なれない手つきだったでしょうけど、
なんとなく覚えてる作業フォーム。
いつまでも刈っていたいほど、楽しかったのです。

麦から栽培されてるパン屋さんや、農業をされてるパン屋さん、ときどきあります。
そうしたくなる気持ち、ものすごく、わかります。
私もいつか、そっち系になっていくのでしょうか。
違和感なく、移行できると確信しました。

9月10日 嬉しいことに。

土曜日。滋賀ナンバーの車のお客様が二組、午前と午後にご来店くださいました。
うれしかったです。
「おいしいパンを求めてどこにでも行く」という精神とエネルギーは、自分自身、強くもっているし、どこにでも買いに行きますが、うちのパンを求めて、お会いしたことのないお客様がきてくださると、この上なく、うれしいものです。一組の方は、町のちからを読んでくださっているのか、「足のほうは、すっかり大丈夫ですか?」とお尋ねくださり、これまた嬉しく思いました。

少しずつでも、がんばろうと心新たになる、大きなきっかけ。
ありがたいと思います。

9月9日 練習

ココア入りの角食パンの生地で。
久しぶりにかつてのヒット作品(?)、きなこショコラをつくってみる。
サンドイッチの厚さにスライスしたココア入り角食パンに、きなこクリームをサンドする。
それなりにおいしかったけれど、やっぱり、山食のほうがぴったりくるような。
「前おいしかったから今もおいしい」ってことはないのだなあと思う。
自分の味覚が変化してきているのかもしれないけれど、やっぱり最後に信じるのは、自分の舌。
おいしい、という感覚は人それぞれである上、その人の味覚というものもまた、変化していくのです。

「みんなにとっておいしい」ってどういうことなんかなあと、真剣に考えます。

小池龍之介さんの「考えない練習」を読んでいます。
無駄な力を入れて生活してきた自分を、おもいきり振り返り、力をぬいて楽になろうとしています。

9月8日 新しい提案と挑戦

いっこちゃんからの提案。
「小さいサイズで、いろいろ食べたい」
「おかず系とおやつ系が1個ずつ入ったセットみたいなパン、できないかな」

そうですね!
男子は、大きくガッツリ、でよさそうだけど、
女子は、いろんな種類を少しずつ試してみたい。

頭の中で、ぐるぐる、思案。
おいしいことは大前提で、
おかずとおやつが、おんなじ袋に入ってても、じゃましあわず、むしろ引き立てあうような、
奇をてらうのじゃなくって、当然のようにおやつとおかずが共同生活できるような、
ポテトチップス食べた後は、チョコレートがほしくなる原理で、
いろいろ、やってみよう。

9月3日 新しい角食

「コウボパン 小さじいち」さんで衝撃を受けてから、ずっと角食パンについて、思案してきました。

9月3日は、台風12号が関西にやってくるかどうかの瀬戸際?で、大量生産には向かない天候。

そこで、えいっ!
思案を試作に変更し、「これで、どや?」と思う配合2種類、やってみました。

嬉しいことに!
かなり理想に近い味に!
もちもち感は少し減りましたが、しっとりやらわか、シルキーな感じが、「いつまでもさわっていたい」断面が、
おいしさを物語っていました。
おいしかった。

9月2日に、実家の大切なシーズー、こっちゃんが天国に向かいました。
この、おいしい生地で、ちいさなちいさなこっちゃんサイズのこっぺパンを焼いて、ホットドッグにして、
家族で実家に行きました。
きっとこっちゃんも、喜んでくれたのだ。

9月2日

金曜日は体育会タナカミセ。
二人のスタッフに、いっぱい動いてもらいました。

Mちゃんが作ってくれている「タナカミセパンフレット」も、いい感じに仕上げてくれて、
今度はうちのパソコンでの作業に入ってもらっています。
嬉しい。

「頭がよくなる思考術」という本を読んでいて、
言葉というものをいかにひとりよがりに解釈し、あたかもわかったかのように、相手に伝えられたかのように、勘違いしていることが多いのだということを知りました。
仕事のことで、「絶対に、このことは前に言ったはずだ」と思っていたことが、ちっとも伝わっていなかったことがいくつか判明して、ああこのことだなと思いました。
小さな行き違いは、発覚した時点で修正すればよいことで、
「前に言ったのに!」と、相手を非難し、自分を正当化したとしても、その行き違いは芯の部分からは解決せず、相手との小さなわだかまりを残すだけの結果に終わってしまうのだ。
目的は「仕事のルールをみんなに守ってもらうこと」であり、私を正当化することではない。

ようやくこんなふうに、心から考えることができて、今日の自分に拍手。
やっぱり読書は続けていかなくちゃ。

プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード