FC2ブログ

そこからの1歩めは

結局同じところをうろうろしているのだけれど、

「パンをおいしくするための小さなカイゼンの積み重ね」

これだけは語れます。

「平成進化論」のセミナーに行ったあたりから、「何をどう、カイゼンしてきたか」

記録を残すことも、手書きですが、続けています。

スタッフをどのように育てるか。

これはまだまだ、たくさん課題がありますが、私の真剣さは、伝わっていると思います。

みんなまじめに働いてくれます。

そこからの1歩目、それが何なのか、だんだんわからなくなっている。

このままでいいとは、ちっとも思わないのだけれど、

じゃ、いったいどうしたいのと自問すると、即答できない自分がいます。

ここ、今、そむけてはいけないトコロ。



スポンサーサイト

同じパターンにはまる

3日坊主で終わるのかどうかの、分岐点の日、かな。

今日もたくさんご注文いただき、ひたすらパンを焼きました。

そして
相当の肉体疲労と睡眠不足というモンダイを抱えながら、
週末を迎えるパターンです。

ここから、次。
ここから、次へと進んでいくことができないまま、

毎月終わっていく。

まだまだ、同じところを繰り返しています。


初めてのこと

今日は烏丸御池お出かけショップの日。

もうすぐ現地到着、というところで、携帯がなりました。
「今日、お出かけショップ、こられます?」

初めて、
お客様から、お出かけショップについてのお問い合わせをいただきました。
嬉しすぎました。

そして店開きのため、車からパンをおろし、のぼり旗を組み立てていたら、
あっという間に10人以上のお客様が。
「あ、のぼり旗は私たちが組み立てますから、パン、出してください」
お客様に看板を出していただいて、
その間にパンをならべ、並べながら計算機をたたき、
またたく間にパンがごっそりなくなりました。

初めて、烏丸御池で
「小さな人だかり」を体験しました。

嬉しすぎました。

月に1度、最終木曜日の正午から、お出かけショップを始めて1年と1ヶ月。
ブログは不定期すぎるわ、ツィッターは勧められたけどできてないわ、ホームページはほぼないわ、
1年かかりましたが、今日はじめて、小さな手ごたえを感じることができました。

せめて、ブログがんばろうと、改めて思いました。

本日は、まことにありがとうございました。

0.1ミリでも。

スルーしないでパソコンの前に座れたこと。
これだけをもって0.1ミリの進歩だと、自分で自分にこっそり言う。

3月23日の、107食ランチ大作戦。

あちこちから、嬉しい声をお聞きします。
何よりの励み、今日からの精進につながります。

保育所を修了する子供たちと、その保護者、先生による、「茶話会」のランチだったのですが、
メニュー表に、田中店からのメッセージを添え、
それぞれのパンの品質表示ラベルの一部に、修了する子供たちへの小さなメッセージを載せました。

アンパンマンは、駐在さんから、子供たちへのプレゼントだったのですが、
駐在さんに相談させていただいて、彼のことばを、メッセージとして、載せさせていただきました。

その部分に対して、
「嬉しかった」
「思わず写真を撮った」
「感動した」

というご感想を頂戴しているのです。
パンの味よりも!!

「心をこめる」(当然ですが)のと同時に、
「こめた心を表現する」
ことも大切なんだと改めて思いました。

技術、味、見た目、
そして「こころ」

田中店、がんばる。

思うところ

「やろう」
「やれない」
こんなに単純なやりとりを、何度繰り返したことでしょう。

昨日、3月23日、田中店始まって以来の、たくさんのご注文をいただきました。
107食の「パンランチ」です。
そして、同じ日、田中店がやったことのない、「アンパンマン」20個です。

ご注文いただいた日から1ヶ月、3月23日を目的地とする地図を描き始め、
毎日少しずつこの日に向かって試行錯誤と勉強と反省を繰り返しつつ、進んできました。

「絶対に成功する」
「絶対においしいランチをお届けする」
と唱えながら!

パンづくりはひとりです。
サポートは二人のスタッフ。

昨日、ほんとに手際よく、冷静に、きっちりと、作業を終え、お届けすることができました。
スタッフのサポートに感謝。
お客様から、パンのご感想も、いくつかいただき、ご満足いただけたご様子にも感謝しています。


「やろう」
「やれない」
この自問自答を、また思い出しました。
「ブログ」です。

昨日は作業を終えて、休憩(寝)して、夕方から再びパンを焼いて、
夜中に久しぶりにfacebookを見たり、「平成進化論」を再読したり、していました。

「パン職人×パン商人」
として、もう少し、レベルアップできそうな、そんな気持にちょっとだけわくわくしていました。

「もう一回、やってみようかな」

パン作りの作業に翻弄されて、デスクに向かう、パソコンに向かう、そんな時間がぜんぜん作れなくて、
でも、パンは焼き続けないといけないし。
「毎日ブログを書くなんて、やっぱり肉体労働者には無理か?」
そんなふうに言い訳も兼ねて(!)思ってしまっておりました。

今回、「1日107食、ひとりでつくる」
これをクリアできたことは、
「いや、肉体労働者にも、時間はつくれる。肉体労働をして汗を流している者にしか、わからない世界がある」
自信の回復につながったのです。

自分への新たな挑戦。
続くかどうか、自信はないけれど、
前とはちがう、この気持に、自分を乗せてみようと思います。




プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード