FC2ブログ

思い通りにならぬことを、受けとめられる人になりたいのだ

いいことがあったときはすこぶる穏やかな心持ちなのに、ちょっと自分の意に反することがあっただけで、心モヤモヤする。ワガママきわまりない。大人げない。まだ、他人に理解されたいと思う、くだらない甘え、執着、依存。色んな感情の量が多い自分にちょっと残念な気持ちになる。今日も、前頭葉前頭葉。目の前のことに、集中集中。
スポンサーサイト

時間が解決

とてつもない恥ずかしい気持ちも、毎日「前頭葉」と思いながら一生懸命パンやらもろもろに向かってみると、少しずつ薄らいで、今はそれが懐かしいくらいにこなれたことになっています。
考えすぎるのをやめてみる、時間が流れていくことに身をゆだねてみることの大切さ、実感しました。

そして、素直になったことによって、よい流れ、気持ちのよい流れになっている実感もあります。
いっときの自分に対する気まずい感じがあったからこそ、かもしれません。

「お前はもう、死んでいる」
これはまだ、実感できないけれど、意識し続けて、いつか自然と、いろんな執着が薄くなっていったらいいな、と思います。

練習

スマホから写真を縮小してアップする練習です😃

素直な自分は恥ずかしい

ごちゃごちゃとあれやこれやと考えてしまうタチで、
いっぱい考えるくせに、発言すると不用意な言葉、的を得てない言葉を発してしまうことが多いのです。本当に自分は思慮が浅いと思います。
ごちゃごちゃしたくないな、考えすぎてしまうの、やめたいな、と思って、今日は少し勇気を出して、
素直な気持ちをLINEにのせて、伝えてみた。
多分、伝わったと思う。伝えることができて、それが相手に伝わって、結果はよかったと思いたい。
なのに何だろうこのとてつもない恥ずかしい気持ちは!
すっきりしたいな、と思ってとった行動なのに。
自分が面倒くさすぎて、また、ごちゃごちゃしたくないので、
しばし思考停止してみようと思います。




動き出す

何ができていても、何ができていなくても、仕事を始める日はやってきました(当然)。

動き始めると、もう、動いています。
久しぶりに接するパンの生地たちは、本当に愛らしい。
やっぱりパンが好き。

スタッフAちゃんと、久しぶりに会話しつつ、働けることを心からありがたいと思います。
焼きながら、前を向こう。


動く

考え事のみに集中できる時間はあっという間に過ぎて、今日は、自分の机上整理整頓、工場のお掃除、そして明日に使う発酵種の仕込み、冷蔵発酵用の食パン生地づくり、にあけくれました。明日は、年末調整の事務手続きに行くので、その準備もあったりして。頭のどこかで、ずっと自分の進んでいく道について、考えていますが、まだ何も明確になりません。地に足をつけないまま、スタートラインにたつのかと思うと、少々不安です。睡眠に浸って、明日を迎えようと思います。

やっと、机上整理整頓

通常営業日までのカウントダウンが始まりました。

今日は朝から、自分の机上整理整頓。
仕事もプライベートも、混在する中、
去年以前に整理していた資料のもろもろを見ると、あの時はあの時なりに、一生懸命やっていたのだ、と思い出し、少しばかり励まされます。
サボっていたわけではなかった自分に、ほんの少しホッとする、というか。

だからといって、まったりしている場合ではありません。
整理の仕方がやたら幼稚だな、と思うし、あの時迷ったあの資料、ばっさり雑紙にする勇気も出た。
ゆったりした休暇だったぶん、最後は一気にやってしまおう!

Thinking out loud/Talk through

茂木健一郎さんに非常に影響を受けています。
「Thinking out loud」考えていることをそのまましゃべる
「Talk through」考えをまとめるために、思いつくまましゃべる

昨日は、その実験をやってみました。
お店の将来について、自分の生き方について、頭でまとめる前に、頭でまとめるために、
話してみました。
しどろもどろ…でした。
まだよく、自分でつかめてないんだ、ということが、改めてわかりました。
ただ、しどろもどろで、行ったり来たりしながら、一点に集中しようとしていました。
大きな雲の塊が見えましたが、そこから、細い光が何本か漏れているのも、見えました。
自分に失望しないで、希望をもって、あきらめずに光を見つけたい、と思いました。

自分で考えろ❗

自分で考えろ❗その旅はまだ、あてどのない旅。常々お世話になっている先生に、己を知りなさい。深層まで深く。思いがけない自分を発見できるかもしれない。というお言葉をいただいた。考えないといけないのは、お店をどう舵取りしていくのか、ということだけど、それを考える自分の姿を、しっかり見極めなさい、ということだと思います。現場がはじまると、ついつい、日々の業務に追われる。少し自分を駆り立てて、己を知る作業に集中したい。

勝手なものです

普段はひとりの時間がとても大切で、ひとりの時間をとても楽しんでいるくせに、自分でよくよく考えて、決断しなくてはならないことが起こったとたん、孤独でたまらなくなり、誰かに話してみたくなったり、甘えてみたくなったりするのだから、本当に勝手な奴だと自分にあきれてしまう。それでも今この瞬間、誰かに甘えたい。

あけましておめでとうございます。

冬休みをいただいております。
1月10日水曜日から、通常営業いたします。
どうか、よろしくお願い申し上げます。

年末年始、休養しつつも、誰かの「目標」「決意表明」「新年に向けて」
こういった内容の文章を目にすると、「自分はどうだろ?」と、ついつい考えてしまう。

私の今年の目標は、「文字にする」
心の中で発生したさまざまな言葉を、なるべくたくさん、記憶にあるうちに、文字にして、客観視してみる。今の自分に必要なことだという、小さな確信がある。

頭で考えた素晴らしい(と自分で思っている)アイデアも、文字にするとそれは、酸化して赤くなる血液のごとく、みるみるうちに色あせていくことが多い。なんだその程度。という寂しい気持ち。

自分が本当にしょうもない人間なのか、考えているように見せかけて、実は浅はかなのか、
そういうことが見えてくるのではないだろうか。

ごくまれに、自分で書いた文章を読み返して、おもしろいと思うこともある。
その時の感覚も、よみがえったらいいな、と思う。

それに伴って、毎日実家の両親と姉、それぞれに手紙を書くことを始めた。
はがきに、大きめの字で、内容はひとつ、無理はせず、字だけは丁寧に、というちょっとしたルールもある。
自分はどうも、表現の場として、いまひとつSNSが向いていないような気がする。
ピンポイントで、誰かに向けて、心をこめた文章を書きたい。その気持ちが強い。

毎日家族にお便り習慣を始めて、思い切ってSNS全部やめちゃおうかな、と思ったこともあるけれど、そんな矢先に、「ときどき、Facebookでまりのことを知るのが楽しみだよ」などというメッセージをもらうと、迷いが。迷いながら、今のところ細々と続けようと思う。

プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード