FC2ブログ

これもスタートへの準備?

今日は「障子はり」の1日でした。

実家母に来てもらっての大仕事。

なぜ、日本という国は、『障子』文化なのかと今さらながら思います。
ぬらして、はがして、乾かして、障子紙を寸法に合わせてカットし、桟に糊を塗り、障子紙を貼り、霧吹きで水を含ませ、再び乾かす。
何枚も。

たとえ破れていなくても、「黄ばんできた」という理由で、障子はりは行われます。
どんな文化かしらん。

「和って好き」などと言いつつ、「障子はりは面倒くさい」と思ってしまいます。

それでも。
終了し、真っ白になった障子を眺めていると、あまりの美しさに、つい、部屋の模様替えに手を出します。
後々しょうじ、いや、そうじしやすく、家族のそれぞれの行動に支障が出ないように、配置を替え、空間を求めてぐるぐると工夫します。
なれぬ動きをして、もう一度の骨折にならぬよう、子供たちにお手伝いを依頼し、かなりすっきりな部屋に。

心地よい空間(私の仕事場でもある)からは、きっと風通しのよい発想が出てくるにちがいないと確信し、終了。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード