FC2ブログ

8月30日 ひとりのちから

夏休みはあっという間に終了!
さあ、気持ち新たにがんばろう!

初日。スタッフゼロで、配達も製造も、少なめだったので、朝、息子に2時間手伝ってもらって、あとはひとりで製造納品片付け。

これがまた、本当に厳しかった。

9時にはすべて終了し、配達の旅に出る予定だったのが、汗だくになって動きまわっているのに、10時半になっても、まだ、出発できずにいた。

サンドイッチをつくりながら、ラベルを印刷しながら、フランスパンを焼きながら、食パンを包みながら、伝票を発行しながら、、、、、

ひとつひとつの動作はなれたもので、そんなに難しい作業ではない。
でも、すべてが同時に進行すると、これほどまでに大変なのかと、久しぶりに味わったしんどさでした。
パンは生きているし、目を離しにくい。
でも、パンを焼くことだけに集中していると、包装出荷の作業がさらに遅れる。
ひとりでもスタッフがいてくれたらどんなに助かるだろうかと、半泣きになりながら思った。

半泣き状態で納品するわけにはいかず、「笑顔でお届け」を実施しようとすると、さらに苦しく、
午後に帰宅したときには、完全にぼろぼろでした。
睡眠不足でお客様としゃべったので、記憶が明確でないし、(何を言ったのか、不安)
やってはいけないことをほとんどやってしまった初日でした。

スタッフを大切に。

心からそう思いました(もちろん、こんなことがなくても、大切にしてるつもりですが、とりわけ30日は。)。
パン屋はひとりではできません。
「タナカミセチーム」でなければ。

たったひとりで、パンづくりに集中することができたら、どんなに気楽かと思う日もあります。
でも、そんなことでは、お客様が食べたいと思われるときに、食べたいと思われるパンをお届けすることはできません。ほぼ自己満足な生き方になってしまう。

スタッフを雇うことは、私にとって、とても大変なこと。
経営的にも、精神的にも、考え実行していかなければならないことが山ほど発生します。
毎日、小さな山を登り、下っていることがよくわかります。

でも、振り返ってみると。
3年前よりは、明らかに成長した、スタッフと私の姿、そして関係性を認めることができます。
逃げないでやってきたんだと思うことができます。
恥ずかしいような失敗ばかりでしたし、やめていったスタッフに今も謝罪の気持ちをもっていたりもします。
経営者とスタッフの間に必要な距離感と、人間関係に必要な「前向きなあきらめ」と、自分が謙虚に努力し続けることの大切さを、本当に学んできたなと思います。

静かに思います。
続けていこう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

タナカミセ

Author:タナカミセ
京都で小さなパン屋「タナカミセ」をやっています。
おいしいパン、しっくりくる人生、を目指して、歩いてゆく日々を記録していきます。

京都市右京区京北大野町清水42
TEL 090-5014-3002
FAX 075-853-0454
MAIL tanakamise@ymail.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード